新人薬剤師が辛いと感じるのには理由があります

新人薬剤師は、どうしてこんなに辛いのか?

薬剤師としての社会人一年目は、誰もが通る大事な1年です。
いざ仕事を始めると思い描いていた薬剤師の仕事と現実の仕事にギャップを感じたり、
最も戸惑いの多い1年でもあります。

 

 

現場での仕事が始まると、
これまで勉強したことや研修で学んだことがそのまま実践できるとは限りません。
むしろ役に立つ場面の方が少なく、
初めのうちは自分の無力感を感じる人が少なくありません。

 

 

慣れない環境で身体も疲れ、人間関係で気疲れし、
覚えなければいけないことがたくさんで頭もフル回転です。

 

そんな状況に、新人薬剤師の2人に1人は、
辞めたいと思っているという調査結果もあるほどです。

 

 

悩み苦しんでいるのは、あなただけではないので安心してください。
薬剤師の職場は特殊な環境であることを認識すると
少しは気が楽になるかもしれません。

 

 

新人薬剤師が辛いと感じてしまう理由

 

忙しい職場で余裕のない所が多い

 


    

 

病院や調剤薬局は、ギリギリの人数の薬剤師で仕事をこなしているところが多く、
職場の全員が余裕なく忙しく働いています。

 

 

1年目の新人の頃はミスもしてしまいますし、
右も左もわからず先輩に聞かないとわからないことも多いでしょう。

 

 

しかし、指導する側の先輩薬剤師たちにも余裕がなく、
仕事をすることに手一杯になっているため、新人薬剤師に対して

 

 

「そんな事もわからないの?」
「使えないわね」
「もっと早く確実に仕事をこなして」

 

ときつく叱ったり、怒ってしまうのです。

 

 

一番つらい1年目の時期を乗り越えて、
キャリアを積んでいけばスキルも身についていきます。

 

 

怒られてばかりの日々にもいつか終わりがきます。
2年後、3年後には頑張っていてよかったと思える日がくると思って、
まずはもう少し頑張ってみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

 

ミスが許されない仕事

 


 

 

薬剤師は医薬品を通して、患者さんの健康に関わる仕事です。
薬剤師として働いていると、「調剤過誤に対する恐怖」は切り離すことができません。

 

 

調剤や監査でミスをすると患者さんの命にかかわることもあるため、
常に緊張感と共に仕事を行わなければいけません。

 

 

このような調剤ミスへのプレッシャーから職場全体がピリピリしているところもあります。

 

 

経験の浅い新人薬剤師は、
調剤ミスへのプレッシャーに押しつぶされそうになることもあるでしょう。

 

最初のうちは、常に緊張感が続くことのストレスに耐えられず、
「もう薬剤師を辞めたい…」と思うかもしれません。

 

 

しかし、仕事に慣れてくると少しは余裕が出てくるものです。
初めから何でもテキパキ仕事ができる人はいません。
まずは目の前の仕事を一つ一つ丁寧に行うことを考えましょう。

 

 

 

 

 

研修体制が整っていない職場が多い

 


      

 

病院や調剤薬局などの職場は、
新人薬剤師の教育体制がしっかり確立していないところも少なくありません。

 

 

新人の指導する人手が足りなかったり、
実務の中でなんとなく仕事を教えていく職場が多いのです。

 

 

酷い場合には、大した指導や研修もなく、いきなり実務をまかされることもありますが、
薬を扱う薬剤師の仕事をする上でこれは非常に危険なことです。

 

 

そういった職場では、一生懸命頑張っても薬剤師の基礎的なことを学べませんし、
スキルアップも難しいと言えます。

 

 

万が一、医療事故を起こしてしまっては取り返しのつかない大変なことになります。

 

 

もしあなたがそのような職場にいる場合は、
早めにきちんと基礎を教育してくれる環境を探すことをおすすめします、

 

 

新人薬剤師という大切な時期を無駄にしないためにも、ぜひ行動してください。

 

 

新人薬剤師の転職を成功させるためには

 

薬剤師の求人はたくさんありますので、
新人薬剤師でも求人を見つけることに心配はいりません。

 

 

ただし、右も左もわからず適当に見つけた求人で転職してしまうと
「こんなはずじゃなかった…」と後悔してしまう危険性があります。

 

 

簡単に転職できる求人は、離職率が高かかったり、
ブラック企業ということも少なくありません。

 

 

そのため、新人薬剤師が転職する場合は、決してひとりで転職活動は行わず、
薬剤師転職サイトを必ず利用するようにしましょう。

 

 

薬剤師転職サイトに登録すると、コンサルタントがあなたの現状を聞き、
希望にあった間違いのない職場を紹介してくれます。

 

 

コンサルタントは常に新人薬剤師の悩みの相談にのったり、転職支援を行っていますので、
新人薬剤師が転職するには、どうすればいいかについてアドバイスをもらえるはずです。

 

その他にも転職サイトでは、次のようなサービスを無料で受けることができます。

 

求人の紹介

履歴書、職務経歴書の書き方のサポート

志望動機や転職理由の伝え方の相談

面接日程の調整

面接に同行

求人先との条件交渉

 

新人薬剤師の場合、「なぜ前職を辞めたのか?」という転職理由は必ずといって聞かれます。

 

 

ここでの答え方を間違えると面接官に「すぐ辞めて我慢が足りない人なんじゃないか?」
と思われてしまいますが、

 

逆に前向きでポジティブな転職理由を伝えられれば、アピールポイントにもなりますので、
面接をうまく乗り切るためにも、転職サイトのコンサルタントに相談するようにしましょう。

 

 

20代は転職市場に置いて、需要の高い時期でもあります。
この絶好のチャンスをぜひ活かしてくださいね。

 

 

  じっくり相談し、面接同行サポートもある転職サイト!

 

 

 

 

 

「ファルマスタッフ」は、大手調剤チェーン日本調剤グループが運営する薬剤師転職サービスです。
6万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師の求人サイト!

 

 

ひとりひとりに面談するので、安心してコンサルタントに任せられる

直接会ってヒアリングしてくれるので、新人薬剤師でも安心できると評判です。
じっくり話し合いながら進めていけるので、悩みの解決やキャリアプランも相談できます。

 

 

面接に同行してくれるので、新人薬剤師でも安心

コンサルタントが面接に同席してくれるので、質問の返答に困った時もフォローしてもらえます。
年収や労働条件の交渉もコンサルタントに任せられるので、
新人薬剤師さんでも安心して面接に臨むことができます。

 

 

調剤薬局に専門性があり、求人先を訪問し内部情報を把握している

65000件以上の求人件数を誇る日本最大級の転職サイトです。
コンサルタントが求人先の薬局を訪問して、
職場の雰囲気や人間関係をつかんでいるので、いい面も悪い面も教えてもらえます。

 

 

登録すると「保険調剤テキスト」が無料でもらえる

無料会員登録をすると「保険調剤テキスト」という教材がもらえます。
新人薬剤師の勉強用にも有用な人気のテキストです!
また、派遣社員は、薬剤師生涯学習プログラムe-ラーニング「JP Learning」(通常12960円)を
1年間無料で利用できます。

 

「ファルマスタッフ」に相談してみる