新人薬剤師 お悩みあるある.com

新人薬剤師の悩みごと、一人で悩むのは危険です

 

薬学部での6年間の勉強を終えようやく国家試験にも合格し、
念願の薬剤師として希望を胸に働きはじめた新人薬剤師さんが多いと思います。

 

 

しかし、いざ仕事が始まると人間関係や業務の大変さ、大学の知識では通用しない現実に
悩むことも多いのではないでしょうか。

 

 

新人の頃は、一番の頑張り時と言ってもいいかもしれません。
悩んでいるのはあなただけではありません。
新人薬剤師さんはみんな悩んでいますので、乗り越え方を考えてみましょう。

 

 

⇒新人薬剤師の悩み相談におすすめの転職サイトはコチラから

 

 

新人薬剤師が抱える悩みと解決方法

 

先輩や上司との人間関係がうまくいかない

 


    

 

病院薬剤師や調剤薬局勤務の薬剤師は、狭く閉ざされた空間で長時間を仕事をしています。

 

同じように病院で働いている看護師や医師のように色々な場所に移動する仕事も少なく、
薬剤師の場合、多くの時間を調剤室で過ごしています。

 

 

新人薬剤師は、調剤ミスや計算ミスをしてしまったり、テキパキ動けないことも多いでしょう。
そういったことに先輩から何度も注意されたり、間違いを指摘されると、
落ち込んだりストレスが溜まる事が多いと思います。

 

 

そんな時、少し環境が変わったり先輩たちと距離が置ければ、
また新たな気持ちで向き合うこともできるのですが、
怒られた先輩と狭い同じ空間で顔を合わせているのは辛いものです。

 

 

毎日そのような状態が続くと、その先輩がいるだけで萎縮してしまい、
心が折れてしまうこともあるでしょう。

 

 

あまりにもきつい指導で耐えられない場合は、
薬局長や管理薬剤師などの上司に相談してみることをおすすめします。

 

 

ひとりで悩んでいると精神的にたえられず、うつ病のような状態になってしまうこともありますので、
身体を壊す前に対策を考えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

同期がいないので相談相手がいない

 


     

 

薬剤師で薬局や病院で働く場合、新人は自分だけで同期がいないということもよくあることです。
同期がいれば、職場で辛いことがあっても相談できるし、
仕事でわからないことがあっても聞きやすいのに…と思うこともありますよね。

 

 

休憩室でも先輩薬剤師達にうまく打ち解けることができなくて昼休みや休憩時間も楽しくない…、
職場に行くのがだんだん憂鬱になってきている薬剤師さんもいるかもしれません。

 

 

同期がいなくてつらい…と思っている人もいるかもしれませんが、
こんな風に考えてみてはどうでしょうか?

 

 

同期がいないから比べられなくてすむ

同期がいると必ず、個々の能力を比べてしまうものです。
同期と比べて成長が遅い、まだこんなこともできないなど、
そういったことがない分自分のペースで仕事ができると前向きに考えてみましょう。

 

 

同期内の派閥や人間関係で悩まなくていい

同期が多いとその中のグループや派閥の人間関係で悩みを抱える人もいます。
同期内の人間関係に悩まされず、仕事に集中できる期間だと割り切って動いてみましょう。

 

 

同期がいない分、先輩薬剤師と仲良くなれるチャンスがある

同期がいると、つい同期同士で一緒にいてしまうので、
先輩薬剤師と話す機会が減ったり距離ができてしまいがちです。

 

逆に一人の場合は、先輩薬剤師が気を遣って声をかけてくれたり、
食事に誘ってもらえたり、先輩薬剤師と仲良くなれるチャンスが多いと言えます。

 

 

職場に入りたての頃はまだうまく馴染めず、
同期がいないことに心細く感じるかもしれませんが、それも最初のうちだけです。
時間が経てば、周囲の薬剤師さんやその他の職場の人たちとも仲良くなれるはずです。
まずは職場に溶け込めるように、あなた自身も努力するようにしましょう。

 

 

 

 

 

責任が重く、プレッシャーに耐えられない

 


    

 

薬剤師は医薬品を扱う仕事であり、調剤ミスが患者さんの容体を悪化させたり死に至ることもあり得ます。
ミスはダメだと思うあまり、ストレスを感じ過ぎて、腹痛などの症状を感じてしまう人もいます。

 

 

緊張感を持って仕事に臨むことは重要なことで、責任を持って仕事をしなければいけませんが、
緊張しすぎることで仕事に支障をきたしては逆効果になってしまいます。

 

 

仕事をこなし知識や経験が増えることで、誰もが乗り越えてきた道ですので、
まずは目の前の仕事をひとつひとつ対応していくようにしましょう。

 

 

 

 

 

調剤業務がつらい

 


     

 

病院や調剤薬局で扱う医薬品の数は非常にたくさんあり、
覚えられずに悩む新人薬剤師も少なくありません。
大学時代に覚えた知識も、「実際の仕事では全然使えない…」
とショックを受けている薬剤師さんもいるのではないでしょうか。

 

 

調剤業務に慣れてくると、同じ作業の繰り返しにやりがいを感じられなくなる人もいます。

 

 

病院薬剤師の場合は、経験を積みスキルアップすれば、
注射剤や輸液の調製や病棟業務なども行うようになりますので、
まずは今任されている仕事を確実にできるようにする必要があります。

 

 

しかし、調剤薬局の場合は、調剤業務以外の仕事はほとんどありません。
調剤業務がどうしても苦痛だと思う場合は、
病院やドラッグストア、製薬会社などの調剤以外の仕事を考えるのも一つではないでしょうか。

 

 

新人薬剤師は悩んでいるのが当たり前

 

新人薬剤師に悩みはつきものです。
初めての環境や仕事ばかりですので、うまくできずに戸惑ったり、
失敗してしまったりしながら、成長していくものです。

 

 

しかし、悩みの改善が難しそうであったり、悩みがつらく体調を崩してしまうようであれば、
職場や環境を変えてみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

薬剤師は病院や調剤以外にも多くの選択肢があります。
製薬会社や医薬品卸、CROなど企業であれば調剤業務を行わない仕事もあります。

 

 

特に病院や企業は若い人を採用しようと考えるため、
新人薬剤師であれば転職できる可能性が非常に高いというメリットもあります。
そういった職種が気になる人は早めに動くようにしましょう。

 

 

しかし、新人薬剤師が転職する場合、
求人側に「また辞めてしまうのではないか」
「忍耐力がないのではないか」と思われてしまうリスクもあります。

 

 

そのため、新人薬剤師が転職する場合は、
必ず転職サイトを利用することをおすすめします。

 

 

転職サイトのコンサルタントに相談すれば、
新人薬剤師でも不利にならないようにアドバイスをもらうことができるためです。

 

 

「転職サイトに登録≠転職する」なので、
コンサルタントに薬剤師の転職市場を聞いてみるだけでも大丈夫です。

 

 

悩んでいる状態では何も前進しませんが、
コンサルタントに相談してみることで悩み解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

転職サイトへの登録や利用は完全無料ですので、ぜひ気軽に相談してみてくださいね。

 

 

  ひとりひとりとじっくり面談し、コンサルタントの対応が好評!

 

 

 

「ファルマスタッフ」は、大手調剤チェーン日本調剤グループが運営する薬剤師転職サービスです。
6万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師の求人サイト!

 

ひとりひとりに面談するので、安心してコンサルタントに任せられる

直接会ってヒアリングしてくれるので、新人薬剤師でも安心できると評判です。
じっくり話し合いながら進めていけるので、悩みの解決やキャリアプランも相談できます。

 

 

面接に同行してくれるので、新人薬剤師でも安心

コンサルタントが面接に同席してくれるので、質問の返答に困った時もフォローしてもらえます。
年収や労働条件の交渉もコンサルタントに任せられるので、
新人薬剤師さんでも安心して面接に臨むことができます。

 

 

調剤薬局に専門性があり、求人先を訪問し内部情報を把握している

65000件以上の求人件数を誇る日本最大級の転職サイトです。
コンサルタントが求人先の薬局を訪問して、
職場の雰囲気や人間関係をつかんでいるので、いい面も悪い面も教えてもらえます。

 

 

登録すると「保険調剤テキスト」が無料でもらえる

無料会員登録をすると「保険調剤テキスト」という教材がもらえます。
新人薬剤師の勉強用にも有用な人気のテキストです!
また、派遣社員は、薬剤師生涯学習プログラムe-ラーニング「JP Learning」(通常12960円)を
1年間無料で利用できます。

 

「ファルマスタッフ」に相談してみる